スケボー通販なら家にいながら今のトレンドが分かる

2020年東京オリンピックまで一年を切りました。今回採用された新種目計5競技のうち、野球・ソフトボールを除く4種目がオリンピック史上初めての採用となっており、その中の一つにスケートボードがあります。スケートボードは、1990年代に日本でも大変流行しました。現在30~40代の方は、幼少時代に遊んだ記憶もあるのではないでしょうか。今回オリンピック種目となったことで、流行った当時の懐かしい記憶が蘇った方もいるでしょう。スケートボードがスポーツとして世界に認められたことで、始めてみたいと思った方もいるに違いありません。しかし、若者はともかく、ある程度大人の方がスケートボードを始めるのはハードルが高そうです。しかし実際は、大人になって始めたスケーターの方も数多くいます。始めるにあたり最初の問題は、スケートボードをどのようにして手に入れるかということであり、ご紹介したいのがスケボー通販です。

通販を利用してまずは1台手に入れてみる

スケートボードを購入するにあたり、スポーツ全般を扱う店舗には入りやすいと思います。大きな店舗なら確実に手に入るでしょう。ただ、店舗のスタッフがスケートボードに関する専門知識を持っているかどうかは不明です。その点、専門店ですと専門知識や経験が豊富なスタッフが多くいますので、色々なことを質問出来ます。ところが常連客でない場合、もしかしたら専門店にはなかなか入りにくいかもしれません。常連客ではないという他、若者が多そう、店舗そのものや出入りする人に近寄りがたい雰囲気を感じるという理由があるようです。そこでお勧めしたいのが通販です。最近では、専門店によるスケボー通販が多く存在します。店舗に入りにくいということ以外でも、自宅の近所に店舗がないときや店舗へ行く時間がないときにも便利ですね。サイトには売れ筋の商品が取り揃えてあるので、今どのようなものが売れているかもよくわかりますよ。

アフターサポートが充実した専門店の通販

スケートボードは、デッキ・ウィール・ベアリング・トラックの4部品で成立します。デッキは板の部分で、実際試してみないと自分に合うかどうかわかりません。そこで多くの通販では、デッキはデザインと幅で選ぶことを勧めています。ウィールはタイヤのことで、硬さと直径によって変わります。その硬さは、音を出して滑るストリートスケートと静かに滑るクルージングスケートとで変わります。またその直径は初心者なら52㎝が推奨されています。ベアリングはウィール内の部品で、乗り心地やスピードに影響します。トラックはデッキとウィールを繋ぎ、スケートボードの動きを左右する重要な部分です。それはデッキに合う幅のものを選ばなければなりません。以上の4部品を選ぶ為、選んだデッキに合うトラックしか選択できない等、購入者が間違えないよう配慮してあるなど、購入後に不具合が起きた場合にきちんと対応してくれるスケボー通販サイトがお勧めです。